DR

site : Tokyo
architect : SOUP DESIGN Architecture
project architect : Nobuaki Doi, Shingo Ishikawa
purpose : House, Renovation
total floor area : 91.08 sqm
structure : RC
completion : December, 2009
 
 
2010年09月02日
2010年1月の完成引渡しから半年が経過しました。
DIY塗装も7割がたが完了。家具造作が一部残っている状態です。
使いながら目的を考え、少しずつ環境を整える予定です。
 

 
カウンタ高さ FL+790


 
 
2010年01月09日
午前より家具の搬入取付がスタート。
洗面カウンタ、アイランドキッチンなどの取付を行います。
大工工事も本日で終了。夕方には建具が搬入される予定です。
 


 
 
2010年01月06日
2ヶ月にわたる全面改修工事も最終段階に入りました。
今週は一部大工工事と塗装工事、家具取付が同時に進行します。
写真は壁壁間12Mの奥行きが体感できる特徴のある場所で
日常往来する共有部分を中間にはさんでいます。
 


 
 
2009年12月24日
浴室・洗面室のタイル工事が始まりました。
タイル割、目地色目地幅について施工者と打合せ共有。
年明けから内装工事に入ります。
 


 
 
2009年12月12日
浴室のFRP防水を施工しています。
1日で防水2プライ+トップコート1回目まで終了しています。
この作業スピードの早さはコストにも関係するので
防水と仕上を兼ねる場合はメリットがあります。
 

 
 
2009年12月04日
浴室下地造作が完了。
出入口ステンレス枠の取付準備が整いました。
来週明けから防水工事に入ります。遮音床下地も6割ほど進行。
これから家具類の製作前調整に急ぎ入ります。
 



 
  
2009年11月20日
本日から大工工事が始まりました。
10年近く前にタッグを組んだ大工棟梁が施工に入っています。
段取りの良さと動きの早さはあい変わらず素晴らしい。
 

 
 
2009年11月17日
着工から実働5日で解体工事が終了。
床下地工事前に給排水・ガス設備配管を行っています。
解体工事中に躯体からの漏水箇所を発見→管理会社に報告。
原因調査と修復を依頼しました。
 




 
 
2009年11月13日
解体工事全体の7割が終了しています。
既存排水位置も竣工図面どおりで大きな問題はなさそうです。
週明けから壁下地造作が始まります。
 
 
 
 
2009年11月11日
本日から解体工事が始まりました。
金物類、設備機器など再利用するものを仕分けながら解体。
次工程の造作工事を考慮しながら大工3名体制です。
 


 
 
2009年10月08日
実施設計と平行して不明点を積上げピックアップ。
本日、不動産会社の方に立会いただき現場確認を行ないました。
室内外ともに精度よく懸案項目の調査が実施できました。
10月15日に見積図面提出予定です。
 



 
 
2009年09月30日
中古マンションの購入前検討が終了。
売買契約調整に移り、それを受けて実施設計を開始しています。
現在所有の機器取扱説明書をもとに、ものの配置や人の向きなど
模型と図面を使い検討を進めています。
 


 
 
2009年08月28日
中古マンション購入前の現地確認を行いました。
工事予定者とともに水廻りと換気設備の取回しなど確認。
購入前設計検討や、工事段階で発見されるリスクを先読みしました。
購入後の実施設計フェーズへとスムーズに移れそうです。
 

 
 
2009年08月07日
購入前検討のため引続き情報収集を行っています。
マンション管理会社にて竣工図面を閲覧。構造壁を確認。
壊せる部分を図面から消し、全面改修後の可能性を検討しています。
竣工時の給排水設備図面を不動産会社の方に入手いただきました。
丁寧にフォローいただけるので助かっています。
 

 
 
2009年07月04日
中古マンション購入前検討のため現地確認。
いくつかの内見に同行しました。そのうちひとつは1981年3月竣工と古く
マンションでは珍しく、全ての部屋が外部に面している物件。
図面資料と管理資料など取得し、購入前検討を進めます。